「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」参加者募集!!

開催概要


AI応用システムやIoTシステムの安全性に対する関心が高まりを見せています。本シンポジウムでは、AI/IoTシステムの安全性に関する著名な研究者やミッションクリティカルな産業の有識者による講演と共に、「FRAMワークショップ」(11/26)と「STAMPワークショップ」(11/28, 29)を開催します。(参加費:無料)
2つのワークショップでは、レジリエンス・エンジニアリングにおける分析手法FRAM(※1)やシステム理論に基づく安全性分析手法STAMP(※2)によって、複雑性、不確実性、曖昧性などの性質を持つシステムの安全性をいかに高めることができるかについて議論します。


日時:2019年11月26日(火) 開場:9:30
場所:
国立情報学研究所(NII)12階 1208会議室 (東京都千代田区一ツ橋2-1-2
定員:
100名

日時:2019年11月28日(木)、29日(金) 開場:9:30
場所:NTT DATA 駒場研修センター 1階 イベントホール (東京都目黒区駒場2-18-2
定員:300名

主催:国立情報学研究所
「高信頼な機械学習応用システムによる価値創造(QAML)」プロジェクト
共催:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、
有人宇宙システム株式会社
協賛:株式会社チェンジビジョン、
一般社団法人日本ソフトウェア科学会 機械学習研究会(MLSE)、
一般社団法人日本セキュリティ・マネジメント学会(JSSM)、
一般財団法人日本科学技術連盟(JUSE)、
一般社団法人電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)、
一般社団法人情報処理学会ソフトウェア工学研究会(SIGSE)、
コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)、
特定非営利活動法人安全工学会(JSSE)、
後援:独立行政法人日本学術振興会 第192(サイバーセキュリティ)委員会
一般社団法人JASPAR(Japan Automotive Software Platform and Architecture)


プログラム20191111時点

11/28・29の参加お申し込みはこちらへ

当日は、受付票を印刷して持参するか、スマホ等でサイトにログインして受付番号を受付にてご提示ください。

※11/26の参加お申込み希望者が多かったため会場を拡張し、定員を150人まで増やしました!

11/28の交流会の参加お申し込みはこちらへ

※11/28(木)18:00~19:00に交流会を開催しますので、ぜひご参加ください。
(会費1000円・ソフトドリンクと軽食のみ)

 


AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム実行委員会
・実行委員長:吉岡信和(NII) プログラム委員長:金子朋子(NII/NTTデータ)
・アドバイザー:兼本茂(会津大学)、野本秀樹(JAMSS)
・プログラム委員:岩永 寿来(チェンジビジョン)、岡本圭史(仙台高等専門学校)、日下部茂(長崎県立大学)、髙橋雄志(東京電機大)、橋本岳男(日立産業制御ソリューションズ)、福島祐子 (日本ユニシス)、向山輝(IPA)、 余宮尚志(東芝)Patrick Daniel(三菱航空機) あいうえお順

問合せ先(主催者):
qaml.aiiot_symp@nii.ac.jp(本メールアドレスにてお問合せください)
※ 送付いただいた個人情報は、本シンポジウムの主催者が管理し、本シンポジウムに関わる連絡以外の目的では使用いたしません。


※1:FRAM(Functional Resonance Analysis Method:機能共鳴分析手法)「複数の機能の相互インタラクションが、外乱に柔軟に対応する一方でエスカレーションを起こし、安全を脅かし得る」という考えに基づく分析手法
※2:STAMP(System Theoretic Accident Model and Process)「安全/事故はシステムの構成要素の相互作用による創発特性である」という理論に基づく分析手法